室内で飼育する

記事はコチラから

犬種の選び方

記事はコチラから

ドッグランに行こう

記事はコチラから

犬の飼い主の心得

人懐っこくて要領が良く、飼い主に従順な犬はどの時代でも人気を集めています。

私も実際に犬を飼ってみて、お世話は大変でしたが、それ以上に毎日が充実したものになりました。

しかし飼ってみると、しつけをしなければなりませんし、人間と同じで病気もかかります。また、最近では事情で飼えなくなり捨てる事も問題となっています。

これから犬を飼うひとも、飼っている人も「犬を飼ううえでの心得」を知ってほしいと思います。

グルーミング

グルーミングとは、犬の体の手入れ全般のことです。
毎日こまめに行うグルーミングという作業が必要になってきます。
犬の体に多く触れてあげることにより、精神的な安心感をお互いに得ることもできますので、ぜひ早い段階からしっかりできるようにマスターしておいてもらいたいです。
必要な用具や簡単なやり方などを説明していますので、これから犬を飼い始める人はぜひ目を通してみてください。

しつけ

犬を飼育していくにおいて、必ず行わなくてはならないのが基本的なしつけです。犬をしつけることは、トイレトレーニングや無駄吠えなどを防ぐという実用面だけでなく、飼い主との信頼関係を築くことにもつながります。
しっかりと筋の通ったしつけをしていくことで、愛犬からの信頼感を得ることができ、それは犬にとって安心して生活をしていくことができる場所を提供することにもなるのです。

散歩

犬を飼ったことがある人ならば、誰しも100%が「散歩が大好き」ということを知っていると思います。犬にとって嬉しい散歩ですが、人間にとってもストレス解消のきっかけとなることも。
犬と一緒に近所を歩き、そこでコミュニケーションをとることは、ペットとの信頼感を得ることにもつながってくるのです。
毎日の散歩をより楽しく、効果的に行うことができるように以下に項目別にまとめてみました。

病気・怪我

飼い主にとって気がかりなのは愛犬の病気やケガです。
犬は体格や特性により、特に気をつけなければならないポイントが異なってきます。
純血種として流通している犬などは、血統的になりやすい内臓疾患があったりしますので、飼育を開始する前にどういった病気やケガに弱いかということをしっかり理解して対策していくことが必要です。
病気やケガはできればさせたくないものですが、生きていく上では完全に避ける方法はありません。
そこであらかじめ起こるだろう症状から対策をしておくこということが大切なのです。

食事

飼い犬の健康管理をしていくにあたり、もっとも重要になるのはやはり食事の量と内容です。
栄養不足で動物病院を訪れる痩せすぎの犬もおり、飼い主にとっては犬の生体をしっかりと理解した上での食事管理能力が求められるでしょう。
犬にとって適切な食事の内容や分量、また食べさせてはいけないものについて、説明ををしています。

飼い方

ペットと一緒の生活を送るということは、それだけで毎日を楽しく心豊かなものにしてくれます。
しかしいくら可愛らしいといっても犬は一つの命であるということから、健康を損なわないための管理が必須です。ペットの世話は一人だけで行うのではなく、周囲と協力をしてようやく成立できるもの。
まずは購入前から飼育をスタートするまでに必要になることを項目別にまとめてみましたので、飼育ができそうかどうかを考えてみるきっかけにしてください。