犬の写真

犬種を選ぶ基準

これから犬を飼うなら、まずはどんな犬種がよいかということから考えてみましょう。
というのも同じ「犬を飼う」ということであっても、どういった犬にするかにより、かなり生活習慣や金銭的な負担が変化してきてしまうからです。

犬の種類にはいくつかありますが、ざっくりと分けると小型犬・中型犬・大型犬というふうに分類されます。

小型犬というのはトイプードルやチワワ、シーズー、マルチーズなどといった体の小さな犬で、一般的に成犬時に10~15kgまでの体重になるものです。
また大型犬の場合は成犬時の体重が35kg以上になるものを指し、その間の体格の犬が中型犬ということになります。

中型犬の代表的な犬種としては柴犬などの日本犬が含まれ、その他にもウェルシュコーギーやブルドッグ、スピッツなどが含まれます。
大型犬は盲導犬などとしておなじみのラブラドールレトリバーやゴールデンレトリバー、警察犬で知られるジャーマンシェパードやドーベルマンなどです。

その他にも非常に多くの犬種がありますので、人気の高いものを中心にどういった種類のものが飼いやすいか、自分なりに調べてみるとよいでしょう。

初心者でも飼いやすい犬種

飼いやすさということで比較をすれば、やはり圧倒的に小型犬がおすすめです。
小型犬は成犬になっても大きめの猫くらいの体長にしかなりませんので、室内空間がそれほど広く求められず、マンションなどでも十分に飼育が可能です。

近年では小型犬も室内飼育に向けて品種が改良されており、さらに体の小さな超小型犬(ティーカッププードル、豆柴など)も登場してきました。

小型犬はエサの量も少なくてすみますし、毎日の散歩の距離もそれほど多くなくても良いというメリットがあります。
性格的にも人懐こくて賢い犬が多く、特に無邪気で明るいトイプードルなどは大変人気があります。

大型犬や中型犬では、ラブラドールレトリバーや柴犬などの犬種が人気です。