里親募集掲示板等からの譲渡

ペットをこれから迎えようという時には、ペットショップ、保護団体、ブリーダーから選ぶことになるでしょう。
一般的なのはペットショップやブリーダーから購入するという方法ですが、動物愛護の視点から保護犬を迎えるということも現在注目をされています。

芸能人や文化人などの有名人の中にも動物の保護活動に熱心で、自らかなりの数の保護犬や保護猫を迎えている人もいます。
しかしながら、責任をもって引き受けてくれる里親さんはまだまだ足りないというのが現状です。

保護犬や保護猫を引き受けたいという人にとって情報源となるのが里親募集掲示板です。
里親募集は多くの団体が主催している掲示板を通じて行われており、そちらに現在里親を探している動物たちの様子が紹介されています。

保護犬・保護猫として登録されている動物の大半は、飼い主から遺棄されて殺処分されることを前提に保健所につれてこられたという過去を持っています。
他にも違法なブリーダー施設で劣悪な状況で繁殖をさせられた後、施設ごと残して夜逃げをされたというような動物たちもいるのです。

保護動物は生まれて間もないとは限らず、中には介護が必要な老犬や体の一部に障害がある動物なども含まれています。
里親募集はペットショップなどから購入するよりも安価に引き受けられてお得と気軽に考える人もいますが、実際にはそうした生体購入よりもずっと重い責任がかかってくることを理解しておいてもらいたいです。

保護団体から引き取るまでの流れ

保護団体から里親として動物を引き取るまでの流れとしては、まず身近にある団体の公式サイトなどを見て募集している動物を調べます。
気になる動物がいたら連絡をとり、直接譲渡センターで面会をさせてもらいましょう。

保護団体ではただ引き取ってくれる人を見つけるだけでなく、責任を持って飼育ができるかどうかをチェックしてから引き渡しをします。
過去に飼育をしたことがあるかや住宅に飼育環境があるか、または家族の協力が得られるかといったことを聞かれることは覚悟してください。
場合によっては家庭訪問などを受けますので、そこできちんと引き取りができると判断されることで正式に譲渡ということになります。

保護団体から引き取る時には事前に予防接種や健康診断をしてくれるところが大半ですが、引取時に団体の活動資金として数万円程度の手数料を請求されます。
引取の時には誓約書にサインも求められるので、そこに記載されている通り責任を持って最期まで世話をしなければいけません。

保護犬との相性については団体の人に詳しく聞くことができるので、自分がどういった動物を希望しているかということをしっかり事前に伝えておくようにしましょう。