犬の多頭飼いのメリット、デメリット

犬を飼育していると、そのかわいさからもう一匹ほしいと思うようになってきます。
多頭飼いをするとその分エサ代や病院での検診料など費用も高くなりますが、犬同士で一緒に遊ぶことができることから、寂しさを感じなくなるという点がメリットです。

犬は猫と異なり、一頭だけで過ごしている時間が長くなると大きなストレスを感じることがあります。
そのため常に自宅に誰かがいるという家庭でなければ、多頭飼育をすることが勧められているのです。
ただし、単に複数の犬を一緒に飼育すればそれでいいというわけではなく、それぞれの犬の性格や相性というものが重要になってきます。

2匹の犬が仲良くなることができるかどうかは、先に飼育をされてきた先住犬の性格が重要です。
全く同時期に2匹を飼育開始するということもできますが、飼育を始めたばかりというのは自宅の環境に慣れるまで時間がかかるので、できれば1匹ずつ飼育を開始する方がよいでしょう。

犬は集団生活を基本とする動物であることから、その生活空間に先にいる動物に対して自分の立ち位置を早い段階で決めようとします。
2匹の相性が悪いといきなり喧嘩をし始めることになるので、お互いにとってよくない住環境になってしまうのです。

犬同士が仲良くなれるかどうかの判断は非常に難しいところですが、一般的な傾向としてのんびりとした性格や陽気な性格をした犬の方が、あとから来る犬をおおらかに受け入れやすいようです。
神経質であったり、飼い主さんに対して非常に甘えたがるような独占欲の強い犬の場合、多頭飼育で2匹めが家に来てしまうと攻撃的な仕草をしたり、不安感から体調を崩してしまうことになります。

先住犬がいることで家になじみやすくなる

多頭飼育をすることによるもう一つのメリットが、先住犬がいることによりその家のルールを早く覚えさせられるということです。
先にも述べたように犬は社会的動物なので、基本的には先住犬を自分の上位というふうに意識します。

先住犬が受け入れることにより、トイレやケージ内での生活、エサの食べ方などを他の犬に教えてくれるので、1匹目に苦労したしつけをほとんどしなくても済むこともあります。

初めて多頭飼育をする時に成功させるコツとしては、まず1匹目には性格が穏やかな犬種(ゴールデンレトリバー、ボーダーコリー、パグ、トイプードルなど)を十分に慣れさせてから行うことです。
また、体のサイズが違いすぎると相性が合いにくいこともあるので、同じくらいの体格の犬にするということがおすすめになります。

オス・メスの違う性別の犬の場合は特にきちんと去勢・避妊手術をしておくようにしましょう。