ダックスフント

犬の名前の決め方

ペットを飼育すると決めたら、その名前を決めてあげたいところです。
お気に入りの名前をつけてあげることで、よりペットとの距離感も縮まり、家族の一員という意識も持てるようになります。

人気の雑誌「いぬのきもち」によると、今どきの犬につける名前のランキングで人気のものとして、オスの場合は「ソラ」「コタロウ」「レオ」といったものが挙げられています。

メスの場合は「モモ」「ハナ」「ココ」といったところが人気で、可愛らしい響きのものが好まれる傾向にあります。

名前を付けるときには基本的には自分の好きなものにすればよいのですが、できるだけペットに早めに覚えてもらえるためには、発音がしやすく短めのものがよいと言えるでしょう。
子犬のうちは何かとしつけで名前を呼んであげることが多くなるので、はっきり聞き間違えしにくい単語を選ぶようにしてください。

ただし、日用品と言葉がかぶるものは犬が混乱してしまうことがありますので、できればきちんと名前として認識しやすい言葉の方が望ましいです。

「ごはん」や「さんぽ」などの他の会話にも出てくる単語が用いられていると、犬は自分が呼ばれているのか、ニュアンスで聞き分けることができなくなってしまいます。

犬の名前に関する豆知識

ちなみに日本で昔から使われている「ポチ」という名称ですが、実はこれは明治期以降から多く使われるようになった名前です。

語源については諸説がありますが、当時流行していたフランス文化から、フランス語の「petit(プチ):小さい」を日本語風に呼んだというふうに言われています。

なお同じ明治の時代に流行していた犬の名前としては「ジョン」や「マル」「クロ」といったものがあります。
英語圏における犬の名前の人気ランキングではオスは「マックス」「バディ」「ジェイク」、メスは「ベラ」「モーリー」「ラッキー」といったようなものが挙げられます。

中国では色をそのまま名前にして「大黒(ダヘイ)」「小白(シャオパイ)」といったものが目立っているようです。