ペットショップで購入する際の注意点

犬を購入するときに最も多く利用されるのがペットショップです。
ペットショップは今や大変人気のあるお店なので、往来から見えるようにケージを置いて通りかかる人と直接交流ができるようにしていたりします。

ペットショップという生体を陳列して販売するという方法は、動物愛護の観点から問題があるのではないかという意見もあります。
しかし初めてペットを購入するという人にとっては、きちんと血統書を発行してもらえ、それぞれの犬種を飼育するときのアドバイスを店員さんからもらえるなど、メリットは非常に高いものと言えるでしょう。

ペットショップで犬を購入する時には、まず実際にお店に足を運び、そこで犬の状態を確認するのがよい方法です。
というのも、同じ犬種であっても犬にはそれぞれ個体ごとの性格というものがありますし、飼い主さんとの相性もあります。

残念なことですが、ペットショップの中には早く在庫をなくしてしまいたい一心で、病気や遺伝的な欠点があることを隠して販売をするというようなところもあります。
ですので実際にお店に行ってその犬を見せてもらい、元気で健康な体をしているかを確認することをおすすめします。

ペットショップで安く購入する方法

ペットショップに並んでいる犬や猫の中には、100万円以上もする高額な種類のものもたくさんあります。
特に人気の犬種ともなると数十万円はするのが当たり前になっており、なかなか購入しづらいということもあるでしょう。

しかしペットは生き物という特性上、安くなる時期や条件というものがあります。
もし妥協できる点があれば、そうしたお得な情報を見て購入をしておくとよいでしょう。

安くなる条件としては「月齢が進んだ」「不人気の色や体の特長」「遺伝的な特長(首が長い、牙が少ないなど)」があります。
特に月齢についてはシビアで、一定期間までに飼い主が見つからなかった犬や猫が突然半額になるということも珍しくありません。