住宅の内観

犬を迎え入れる前の準備

犬を自宅に迎えることが決まったら、その日までに室内の環境を整えましょう。
近年では犬が寝起きする場所は室内が基本になっており、人間にとっても動物にとっても過ごしやすい空間にしておくことが大切になってきます。

ほとんどの人はまずは子犬のうちに自宅に迎えることになると思いますが、その場合まず必要になるのは落ち着いて中に入ることができるクレートです。

また最初のうちは自宅内に慣れずにいろいろなものに興味を持ちますので、できればキッチンなど危険なものがある場所に入り込むことができないようにゲートをつけておきましょう。

主に犬と過ごす空間はフローリングではなく滑りにくいカーペットやシートを用意しておきましょう。

また季節にとっては暑さ寒さに対応しなくてはならなくなります。
そこで犬が主に過ごす場所ではエアコンなどの空調設備およびホコリを防ぐための空気清浄機をつけておきましょう。

細かいところでは滑りやすいスリッパや靴下などを片付け、誤飲しやすいティッシュを遠ざけておきます。

電気コードがむき出しになっていると噛み付いて漏電させてしまうこともあるので、カバーをかけるかしっかり配線をして遊びに使わせないようにしてください。

早期に用意して起きたい用具・用品

室内空間を整えるとともに、飼育に必要なグッズも早めに購入しておきましょう。
まず買っておきたいのがドッグフード、トイレシート、外出用のハーネスです。

また脱走対策や散歩中の迷子を防ぐために、先に迷子札をつけた首輪をつけておくようにするのもおすすめです。

散歩は引き取ってすぐから行う世話になるので、お散歩セットとしてバッグにまとめておくのも便利でしょう。

その他にも毎日のお世話用としてブラシ各種(ピンブラシ、ラバーブラシ、獣毛ブラシ、コームなど)やスリッカー、歯ブラシといったものがあると、身の回りをきれいにしていくことができます。

餌入れや水入れは特に専用のものでなくてもよいですが、壊れにくく食べやすい形のものを選びましょう。