動物の保護施設からの譲渡

これから犬や猫を飼いたいと思っている人に、ぜひ考えてもらいたいのが保護施設の里親制度です。

日本においては新たにペットを迎え入れるための方法として最も一般的なのはペットショップですが、これは欧米では「生体販売」として虐待行為にあたるというような認識を持たれています。
もっとも、直ちにペットショップをなくすということが正しい選択であるかどうかということは一概に決めることはできませんが、それでも生命を購入するという感覚については少し考えてみる必要はあるでしょう。

そこで動物愛護の観点から推奨されているのが保護施設の利用です。
保護施設は市区町村の運営する「動物愛護センター」のような公的施設の他、NPO法人など民間団体が主催しているものなどがあります。

紹介:NPO法人犬と猫のためのライフサポート

保護施設は団体により「シェルター」などとも呼ばれることもあり、飼い主がおらず住む場所が見つからない犬や猫を預かっているのです。

保護施設に入ることになった動物の経緯は様々で、子犬の頃に捨てられたという場合もあれば、引っ越しなど飼い主の都合で急に行き場をなくしたということもあります。
直接保護施設に預けられる他にも、地域自治体の殺処分場に送られたものの一部を引き取ったというようなこともあり、いずれにしてもかなり不幸な生い立ちを持っています。

譲渡会などに参加をしてみる

保護施設にいる動物たちの里親になる方法としては、インターネットを通じて申込みをするというやり方と、定期的に開催される譲渡会に参加するというやり方があります。

全国の保護施設では現在収容されている動物の紹介リストを作成しているので、その中から気に入った動物を選んで予約することが可能です。

直接面会ができるようになっている施設も多く、より多くの人に関心を持ってもらうために定期的にイベントスペースで動物たちの紹介をすることもあります。