少し高度なしつけ

持ってこいは離れた場所にあるボールなどの物を買い主の所に持ってきてもらうようにするしつけです。
動く動作が多いのでお手や待てなどのしつけよりも少し高度なしつけになります。
マスターできればかなり犬も買い主であるあなたのいう事にきちんと従ってくれるようになってきている証拠でもあります。

しつけは条件付けで行ないます。
条件付けには二種類の方法があります。
古典的条件付けとオペラント条件付けというものがあり、これらのうちどちらかを使って行ないます。
古典的条件付けではご褒美などは用意せず、直前の反応を覚えさせる事でマスターさせていく方法です。
オペラント条件付けではごほうびやできなかった時には叱る事でしつけをしていく方法です。
はっきりと良い事と悪い事を認識させる事で、しつけを行なっていきます。

持ってこいのしつけ方法

持ってこいをしつけるためにまず必要なのが、犬に持ってくる物に慣れてもらうという事です。
犬も慣れ親しんだ物だと取ってきたくなるので、例えば持ってこさせたい物がボールなら、そのボールでしばらく遊ぶようにします。
ボールを投げて取りに行かせたり、口にくわえるなどして遊ばせます。
口にくわえたり触れたりしたらその都度ごほうびを与えるようにすると、犬も良い事なんだと認識してくれるようになります。
ちなみにこれはボールに触れる事が良い事だと認識させるオペラント条件付けに当たります。
何度か繰り返した後に次のステップに入って行きます。

今後は自分からボールを触らせるのではなく、犬からボールに触れるようにしていきます。
犬が自分からボールに触れるようになったらごほうびをあげます。
あくまでも犬の方からボールに触れるのを待つようにし、あなたの方から動かないようにしましょう。
根気よく行なう事が大切です。

次のステップはボールを少し離れた場所に置いておき、犬に触れさせる動作です。
離れた所にあるボールに犬が触れるようになったらほめてご褒美をあげます。
口にくわえるようになったら良いでしょう。

繰り返し練習してマスターを

ここから犬を買い主の元に戻させるようにしつけていきます。
離れた所にあるボールをくわえるようになったら、買い主の所に戻ってくるまでそのまま待っているようにしましょう。
もし来ない場合には手を叩いたりして音で気を向かせるようにして、来るように促します。
こうしてこちらに戻ってきたら持ってこいの一連の動作が完了になります。
あとは繰り返しです。
何度もやっていると自然にできるようになってくるので、繰り返し行なって行きましょう。

持ってこいは散歩の時などに犬を遊ばせる時にもとても楽しく遊べますし、周りの方もよくしつけられていると思ってもらいやすいしつけです。ぜひマスターしてみてくださいね。