伏せは大切なしつけ

伏せは特に犬を飼っている方にとってはとても大切なしつけです。
犬は元気な子も多いので、走り回ったり、人を見るとつい走っていって飛びかかってしまうという事があります。
こうした時に伏せをマスターさせておくと、伏せの姿勢を取っている所からすぐには飛びかかる事ができないので、トラブルを防ぐ事ができるようになります。

散歩の際などにも役立ちますし、知人の方が自宅に来た時などにも役立てる事ができます。
また、ドッグランなどに参加させている方は、犬が興奮している状態の時に伏せをさせる事で落ち着いた状態にさせる事もできます。
応用の幅はとても広いのでマスターさせておきたいしつけですが、お手やおすわりといった他の一般的なしつけよりも、伏せは実はしつけにくいという事があります。
伏せは犬にとってあまり取りたくない姿勢なので、嫌がる事があるのです。
ですが繰り返ししつけていく事によって身につけさせる事はできるので、すぐにできなくても諦める事なく根気よくマスターさせてみてくださいね。

伏せのしつけ方法

伏せのしつけ方法は、まずは犬におすわりをさせます。
ここで犬のお尻を押さえるようにします。
これは犬に立ち上がらないようにという事を伝えるものです。
こうして座った状態になっている犬の前の両足を前に引っ張るようにして、お腹が床に着くようにします。
こうして伏せの体勢ができるので、この状態で伏せと言って認識させるようにします。
この時に犬が嫌がるようにすぐに体勢を戻そうとする事がありますが、最初は短くても大丈夫です。
まずは少しでもできたら褒めたりご褒美をあげるようにしてください。

繰り返して根気よくしつける

ここからは繰り返しです。
伏せの時間が長くなるようにしつけていきますが、必要に応じてエサを用意するのも良いでしょう。
自分の左手で犬のお尻を押さえるようにして、右手におやつを用意します。
最初は犬の近くにおやつを置いて、そこから少しずつ犬から離すようにしていきます。
離していくと犬が伏せの状態になるので、伏せと声をかけて印象づけるようにします。
ここで長い時間伏せる事ができたらおやつをあげて、褒めるようにしていきます。

この時点では手で押さえたり、おやつが必要だったり、手を加える事が必要ですが、最終的には何も無くても伏せと言えばできるようになるのが理想です。
おやつは徐々になくしていく、時々押さえずに伏せを練習させるようにしていくなど、段階を踏みながらしつけていく事で最終的には何も無くても伏せができるようになります。

伏せができるようになれば色々な場面で役立ってくれますし、あなたの言う事をしっかりと聞いてくれるようにもなってきているはずです。
時間をかけてじっくりと練習させていきましょう。