おすわりは大切なしつけ

犬のしつけの中でもまず最初に身につけさせた方が良いしつけはいくつかありますが、その中でも上位のものに入るのがおすわりです。
おすわりをしつけで身につけさせると、色々な場面で役立ってくれます。
散歩に出かけたときや、犬を連れて信号などがある道路を歩いている時は、止まらないといけない事も出てきます。
そうした時にきちんとおすわりができるようになっていると、危ない状況も避ける事ができます。
シンプルですがとても大切なしつけなのです。

また、おすわりをマスターさせている事は犬があなたを買い主として認識している証拠でもあります。
しっかりとしつけができているとおすわりの状態で長い時間じっと姿勢を保ったまま、その場に留まってくれるようにもしつける事ができるので、ぜひしっかりと正しい方法を身に付けさせていきましょう。

おすわりのしつけには実は二種類ある

おすわりのしつけ方には実は二種類の方法があります。
どちらも正しい方法なので、あなたが行ないやすい方法で行なうと良いでしょう。

まずはリードを使ったしつけ方です。
リードを犬に付けて普通に立った姿勢にさせます。
そこからリードを上に引っ張るようにします。
犬は上に引かれるような姿勢になるので、そこからリードを下に下げるようにして引っ張っていきます。
ここで声掛けを加えます。
おすわりと声を掛けて、犬のお尻を押すようにして座るように指示します。
これを繰り返して犬がお尻を下げておすわりの体勢になるまで行なっていきます。
何度か繰り返しているとできるようになるので、できたら犬にエサをあげて手でなでるなどして褒めてあげます。
褒める事でこれは正しい事なんだという事を犬も意識しますので、しっかりと褒めるようにしていきます。
これがおすわりができるようになる一つめのしつけ方です。
リードは使っている方が多いですし、比較的簡単にできる方法なのでぜひ取り入れてみてください。

エサを使ったしつけの方法

エサを使っておすわりをしつける方法もあります。
リードは犬の後ろ側からアプローチしましたが、エサを使う場合は犬の目に入るように前からアプローチします。
まずはエサを犬の頭の上に持ってくるようにします。
エサが頭の上にあると、犬は必ずそのエサを欲しそうに上を向いてきます。

そこからおすわりと声をかけて、お尻を押すようにします。
ここでまたお尻を下げておすわりの姿勢になったらなでながら褒めてあげます。
エサをご褒美にあげても良いのですが、毎回のようにあげているとおすわりがエサをもらえるしつけになってしまうので、毎回はあげないようにすると良いでしょう。
繰り返せば身に付くようになるので、ぜひしつけて行儀の良い子に育てていってくださいね。