犬の食欲と味覚の関係性

犬はご飯を与えると本当に美味しそうに食べてくれます。
犬食いという言葉があるとおり、喜んで食べてくれる犬はとっても食べるのが早く、その喰いっぷりに嬉しくなってしまう飼い主さんも増えております。
本当はだめだけどと思いつつ、あまりの喰いっぷりに食事の量を増やしたり、おやつをあげすぎてしまって太らせてしまう方もいらっしゃいます。

ここで疑問になってくるのが、犬はどの程度の味覚をもっているのかと言う事です。
おやつやドライフードによってはとっても良く食べてくれる物もあれば、あまり食べてくれない所か見向きもしないものなどもあります。
食べてくれない物と食べてくれる物は何が違うのか知りたい方も多いと思います。
その為には犬の味覚や舌の仕組みについて詳しく知る必要があります。

犬の味覚のメカニズムと最も感じる味

食べた物の味などを感じる味覚は人間も犬もベロに備わっております。
味覚を感じる味蕾はその数がどれくらいあるのかによって味覚の精度が変わって来ます。
人間の味蕾は10,000個と言われており、甘い、しょっぱい、辛い、苦い、酸っぱい、うまいなどの色々な味を感じる事ができます。
犬の場合には、味蕾の数は人間よりも少なく、その数は2,000個程度と言われており、人間の約五分の一になっております。

その為、人間のように細かい違いは分からないと言われておりますが、その中でも最も強烈に味を感じる事ができるのが甘味です。
犬は甘い物が大好物です。
もちろん太りやすいといった危険性もありますので与えすぎは厳禁ですが、果糖やショ糖などを強く感じる事が出来ます。
また、フラノールやメチルマルトールなどの果物の甘味なども敏感に反応するようになっております。

甘味意外に感じる味

犬は甘味以外にも感じることのできる味があります。
特に苦味は強く感じる事ができ、苦い物を口の中に入れた場合に吐き出す事ができるのは苦味を感じる事ができるからです。
食べてから吐き出すまでのタイムロスは、ベロの奥の方に苦味を感じる部位があるので苦いと感じるまでに時間があると言う事なのです。

他にもすっぱいと感じて居たり、お肉らしい味という旨みを感じる事ができるようになっております。
逆に苦手なのがしょっぱいという塩味で、犬はしょっぱいという味を感じる事ができないようになっております。
その為、どんなに味の濃い食べ物であっても問題無く食べてしまう事ができるのです。

なぜ塩味を感じる事が苦手なのかというと、元々、犬は肉食だったので狩りをした動物を直接食べて生活していたのですが、生の肉を食べる時に一緒に狩りをした動物の血液を飲むようになっておりますが、素の血液に塩分が豊富に含まれていたので塩味を感じる器官が発達しなかった可能性があるのです。