毎日の毛の手入れ方法

毎日のグルーミングケアの中でも、重要なのがブラッシングです。

特に長毛種の場合はすぐに被毛が絡まってボサボサになってしまいますので、きちんとブラッシングをしたり表面の被毛をスリットしてあげたりといったケアが必要になってきます。

ただし短毛種だからといってブラッシングが不要というわけではありません。
短毛種の場合は抜け毛があったときに空気中に舞いやすく、ホコリの原因になってしまいます。

また抜け毛を素早く取り除いてあげることは犬種に関わらず皮膚の新陳代謝を促し、皮膚炎を防ぐための重要なケアです。

基本的な方法としてはまず肌への刺激が少ないラバーブラシを用意し、それで体全体をすいてあげるようにしましょう。
ラバーブラシは柔らかいクシになっているので、肌表面をすいてあげることによりマッサージ効果も得られます。

ブラッシングは最初に刺激を強めると、以降犬が怖がって受け付けなくなってしまいますので、できるだけ犬の反応を見ながら気持ちよく感じられる強さで調節してやってあげましょう。

慣れてくると自分からクシを持ってきてくれたり、ブラッシングの時間になるとおとなしく足元で待っていてくれたりということもありますよ。

コツが必要な長毛種のブラッシング

一方で、ちょっと慣れるまで難しいのが長毛種のブラッシングです。
特に「ダブルコート」という二層構造の毛質を持っている犬は非常に毛量が多いので、毎日きちんとケアをしてあげないとどんどん毛が増えていってしまいます。

長毛種かつダブルコートの犬種としては、シェットランドシープドッグやゴールデンレトリバー、ポメラニアンなどです。

毛量の多い犬種の場合、まずブラッシングをするときにはスリッカーブラシというカットができる用具を用います。

これは先端部分にカミソリがついていて、ブラシを入れると自然に先端が切れてくれる仕組みです。

そのためあまり力を入れすぎると痛みが強くなるので、ゆっくり丁寧にブラシをしてあげてください。