犬の食器選びは意外と大切

犬が食事をするのに気をつけるべきことというと多くの人はドッグフード選びを重視します。
たしかに犬の体を作るものなのでドッグフード選びは大切です。

しかし、食事で気をつけるべきことはドッグフード選びだけではありません。
意外と忘れられがちですが、犬の食器選びも大切なことの一つです。
適切な食器を選ばないと犬が誤飲をしたり肺炎を引き起こしたりというリスクもあります。

犬の食器選びのポイント

犬の食器を選ぶことで肥満予防、誤飲防止、などといった対策になります。
ただ食器を選ぶだけでなく食器台も合わせて用意するようにすることも愛犬が気持ちよく食事をするために大切です。

食器台が無いと犬はかなり首を下げて食事をすることになります。
これは首に負担がかかりますし誤飲をしやすくなる要因です。
そこで食べやすい高さに食事を置くためにも食器台を用意することが良いとされています。

食器台の高さは四つ足で立った時に胸のあたりに食器が来る高さが適切とされています。
ただ犬種によって口の長さや食べ方も違うので微調整を加えてもっと快適に食べられる高さに調整をするようにしましょう。

また、食べるのに勢いのある犬の場合には前のめりになって食べるとどんどんと食器台が動いてしまうことがあります。
そこで食器台が安定性が高くあまり動かない素材のものを選ぶ方が犬は食べやすいです。

素材も大切な要素です。
ステンレス製のものは洗いやすいですが食器がぶつかる金属音が気になるということもあります。
木製の食器台はおしゃれですし安定性もありますが汚れをこまめにとることが必要です。

食器選びも大切

食器台に付属の食器で食べても問題ないのですが、愛犬の状態によっては食器も選ぶことが必要な場合があります。
特にプラスティックの食器は犬によっては合わないこともあり注意が必要です。
最近では犬のアレルギーがみられるようになっていますが、犬によってはプラスティックにアレルギー反応が出ることがあり、プラスティックのお皿を使っていると食後に口の周りが赤くなってしまうことがあります。

また、早食いをしがちな犬種の場合にはできるだけゆっくりと食事ができるよう加工されいている食器を使うようにするのがおすすめです。
早食いができなくなるようお皿に凹凸加工がされていてたべにくくなっているものがあり、こういったものであれば自然と食べるペースがゆっくりにできます。

ただ、食器を変える際には今の食器台に入らなければならないため、サイズが見つからないということもあります。
もしも早食い対策の食器で合うサイズのものがない場合には、食器の中にボールを入れて食べにくくするのも有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です