犬の散歩に必需品のリード

犬を飼い始めたら多くの犬は散歩に出る必要があります。
その際必要なのがリードです。

リードも今は種類が豊富であり可愛いもの、デザイン性が高いものも多くあります。
たくさんあるリードですがきちんと愛犬に合ったものを選ぶ必要があります。

リードは散歩で使うだけではありません。
アウトドアなど外出した場面では行動範囲を制限することにも使えますし、車で出かける際にはドライブを安全に楽しむためにも必要です。

リードはただ犬をつなぎとめておくためのものではなく、犬のコントロールをする役割もあります。
リードを通して飼い主の意志を伝えることで正しく散歩をすることができるのです。

リードの種類

リードは一般的にはスタンダードリードといわれる円形の持ち手がついているタイプのものが知られています。
持ち手の反対には犬の首輪やハーネスとつながるように金具がついており、多くの場合にはリードの長さは120㎝から150㎝です。

ただ、中にはロングリードといって長めのタイプのものもあります。
トレーニングのために使われることもあるのでトレーニングリードといわれることもあり、長さは10メートルから25メートルほどのものもあります。
これは開放的な場所でフリスビーをするために使われたり、海やプールで泳ぐために使われたり、自宅でリードにつないでもできるだけ自由に遊べるようにするために使われたりするものです。

それに対して最近選ばれるようになっているものになっているものとしてフレキシブルリードというものがあります。
伸縮性リードと呼ばれることもあり、手元のスイッチを操作するとリードを自由に伸ばしたり巻き戻したりすることができるものです。

犬を自由に歩かせたり公園で遊んだりする時に便利なものですが、散歩の時には長さが自由になることで危険が出てくることもあります。
コントロールが難しいという点もあるので便利な反面使う際には注意も必要です。

様々な使い方のできるリードとしてマルチファンクションリードというものもあります。
これは一時的に犬をつなぐためのループをつくることができたり、たすきのように肩から掛けられたりする便利なものです。
デザインも豊富なのでオリジナリティのある自分好みのデザインのものも選ぶことができます。

リードはどのくらいの太さがいいか

リードは太いものから細いものまであります。
どれがいいか迷ったら適正体重を確認するようにしましょう。

リードがあまりにも太いと重たくて犬に負担がかかります。
そこで適正体重に合ったリードを選ぶようにすると犬に負担がかからずなおかつ切れたり壊れたりする不安が無く安全に外で使うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です