ペットシーツはどういったサイズが良いのか

犬を飼う際にあると便利なのがペットシーツです。
トイレに敷くのはもちろんですが、旅行や体調不良の時にも役立ちます。
ペットシーツにトイレをしてくれれば掃除も簡単です。

ただペットシーツも様々なタイプのものがありますしサイズも豊富にあります。
たくさんあるものの中からどういったものを選ぶと愛犬がストレスなくトイレができるのでしょう。

ペットシーツの選び方

ペットシーツは汚れたらすぐに取り換えるだけでトイレ掃除ができるのでとても便利なアイテムです。
トイレのニオイが部屋で充満することもないですし、すぐに交換ができるので清潔な状態が維持できます。

ただ、サイズをきちんと選ばないと愛犬がうまくトイレをできなくなる原因となります。
サイズとしては愛犬がくるくると一回りしてトイレの場所を決められるよう体よりは一回り大きめのサイズにするのが適切です。

ペットシーツは目安となる犬種や犬のサイズの表記があります。
そのサイズを参考にして選ぶとシート選びは失敗が少ないです。

また、サイズ以外にも厚さも違いがあります。
薄型のタイプと厚手のタイプがあり、やはり厚手の方が吸収力が高いので価格も高いです。

こまめに交換がしやすいのでリーズナブルな薄型の方が経済的でおすすめです。
ただ、多頭飼いの場合には1枚のシートに何匹かトイレをしたがることがあるので、そういった場合には厚手の方が漏れる不安がなく適しています。
また、体調があまり良くなくできるだけ多く愛犬の尿の状態を確認したいという場合には厚手の方が便利です。

薄手のシートは吸水性があまり高くないのでおしっこをした場合、かなり広範囲に広がります。
そのため犬によっては足におしっこがついてしまうこともあり、足を拭く手間がかかってしまったり、おしっこがついた足で歩いてしまったために床が汚れてしまったりすることもあるのがデメリットです。
犬によっては足が汚れるのを嫌がる犬もいるのでそういった犬の場合には厚手のものを選ぶ方が合っています。

また、外出をする場合、犬が何回かおしっこをしてしまうこともあります。
そういった場合には薄手の場合にはおしっこが広範囲にひろがってしまいますし、シートから漏れてしまうこともあり、その場合には厚手の方が適切です。

特に汚れるのを嫌うタイプの犬の場合には薄手のシートでは一度しかおしっこができないという子もおり、そういったこの場合には厚手のシートにして何度かトイレができるようにしておかないとトイレ以外でおしっこをしてしまったり我慢をしてしまったりすることがあります。
犬の体調や性格によってシートは厚手と薄手を使い分けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です