愛犬が年を取ってご飯を食べない

犬は年齢が高くなってくると人間と同じように食欲が低下してきます。
そのため毎日の食事をなかなか食べてくれないということで悩む飼い主も多いです。

食べ物を食べないことは加齢だけでなく体調不良が原因していることもあります。
そこでご飯を食べない時にはなぜ食べないかをきちんと正しく把握することとともにどうすれば食べられるようになるのかを考えることが大切です。

愛犬がご飯を食べない理由を知る

犬が高齢になりご飯を食べなくなる理由は老化と体調不良が原因です。
老化の場合には運動量が減っていること、消化のペースが落ちていること、味覚や嗅覚が落ちていることなどが考えられます。

それに対して体調不良が原因の場合には様々な病気が原因として考えられます。
そこで愛犬の様子を観察してどういった病気が考えられるのか判断することが必要です。
もちろん自己判断だけでなく医師に診てもらうことも大切です。

老化と病気を見分けるにはただ食べないことだけでなく他のことを探っていきます。
口臭がきつくなっていたり、下痢や便秘をしていたり、よく水を飲んでいたり、逆に水を飲んでいなかったりということが食欲不振と合わせて起こっている場合には体調を崩している可能性が高いです。

犬がご飯を食べないのを改善する方法

犬がご飯を食べない場合、ドッグフードを変えるだけでも症状が変わることがあります。
老犬用のドッグフードを与えるとそれだけでも食べやすくなり食べてくれることもありますし、いつもと違うものになると味やにおいが違うことで興味を持ってくれて食べてくれることも多いです。

ただ、頻繁にドッグフードを変えることはあまり良くありません。
胃腸に負担もかかりますし、食べなければ他のおいしいごはんを出してもらえると勘違いさせることにもなります。

ドッグフードを変えなくてもトッピングやサプリを加えてみることも有効です。
シニアになると嗅覚や味覚が衰えてくるのでトッピングをすることで味やにおいが強くなって犬が興味を持ってくれることもあります。

トッピングをすることで食べる量が少なくなっても栄養を補いやすくなる点もメリットです。
犬用のトッピングやサプリ、ふりかけといったもの以外にも鶏のササミや無糖のヨーグルトといったものをトッピングする方法もあります。

ドライフードを与えている場合にはお湯でふやかしてぬるい状態にして食べさせるのも有効です。
お湯でふやかすことで風味が増すので興味を持ちやすくなりますし、水分補給にもなります。
昇華もしやすくなるのでシニアになって胃腸の働きが弱くなっている犬には負担なく食べられるようになる点もメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です