犬にとっても大切な食事

人間にとっても食事は体を作る大切なものですが、これは犬にとっても同じです。
長く健康な状態を維持するためには栄養バランスの整った食事は大切になってきます。

とはいえ、ドッグフードはたくさんの種類が販売されており価格も幅広いです。
たくさんあるものの中から愛犬に合うものを選ぶのは大変ですし、何が良いのかわからなくなることもあります。
愛犬に合うドッグフードを選ぶためにはどうすればいいのでしょう。

ドッグフード選びのポイント

最近は健康志向の高まりからドッグフードも安心安全なものを選びたいという人が増えています。
価格帯も幅広くなっており、高いものは良いものだという印象がもたれがちです。

もちろん、高価なドッグフードは原材料や製造方法にこだわっており、高価なのには理由があります。
しかし、高級なものも長く続けられなければ意味がありません。

そこで、自分が購入を続けられる価格帯がどのくらいの値段であるかをまずは判断しておきましょう。
価格帯が決まればその中から愛犬に少しでも良いドッグフードを探していくようにしましょう。

ドッグフードの中でも総合栄養食と書かれているものを選びます。
これはペットフード公正取引協議会がペットが生きていくために必要な栄養素を満たしていると認めているドッグフードです。
そのため、総合栄養食と書かれているドッグフードを与えればそれだけで必要な栄養はきちんと取れるので栄養不足の心配はありません。

次に、品質表示を確認してその内容をみていきます。
使われている原材料がどういったものかが書かれているのであまりにも添加物が多いものは避けるようにしましょう。

もちろん、添加物が悪いわけではありません。
中には必要なものもありますがあまりにも添加物が多いと粗悪な食材を使って製造したり犬の食いつきがよくなるように香料をたくさん入れていたり味付けを濃くしていたりするものもあります。

添加物が入っていないことが良いという風潮がありますが、添加物が全く入っていないと品質保持が大変になります。
賞味期限も短くなりますし、腐ってしまうこともあるので品質管理の手間がかかること、場合によっては品質が劣化しているものを犬に与えてしまう危険があることにも理解が必要です。

添加物の中には天然由来のものを使っているものもあります。
最近では添加物アレルギーのある犬もいるので添加物の種類や量は気にするようにしましょう。

もしもドッグフードを別のものにしたい場合にはすぐに新しいものに切り替えると体調を崩したり抵抗を示して食べなかったりすることがあります。
少しずつ今まで食べていたドッグフードに新しいものを混ぜていき慣らしてから切り替えるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です