犬も腹痛が起こることがある

犬も人間と同じように腹痛が起こることがあります。
人間と違い犬は話すことができません。
そのため腹痛を感じていても人間に伝えることができませんから人間が犬の不調に気づくことが大切です。

犬は腹痛がある場合、普段と様子が違ってきます。
そこで腹痛のサインとしてどのようなものがあるのか、そして腹痛の原因にはどういったものがあるのかを知っておきましょう。

犬が腹痛の時に見せるしぐさ

犬が前足を伏せの状態にしてお尻を高い位置に上げるような猫のようなしぐさをすることがあります。
これは腹痛の時にもよく見るポーズです。
犬が腹痛を起こしている場合、このポーズをとることで痛みに耐えています。

また、犬は腹痛がある場合には低い声でうなるような声を上げることが多いです。
これはうなり声をあげるだけでなく嘔吐をしたり下痢をしたりといった症状が合わせてみられることもあります。
うなるだけでなく吐いたり下痢をしたりしていたらすぐに医療機関で受診をすることが望ましいです。

体が震えるときも腹痛があることが考えられます。
ただ、震える場合には腹痛だけが原因だけではありません。
体調がよくない時に出てくるサインなので腹痛以外の病気が原因で起きていることもあり、これも原因を特定するためにも早めに医療機関で受診をすることが望ましいです。

腹痛の原因となるもの

犬の腹痛は腹膜炎や腹腔内臓器が損傷していることが考えられます。
激しい腹痛が伴うことも多いので腹膜炎は早期発見早期治療が大切です。
体が震えたり伏せてお尻を高く上げるようなポーズを多くとったりするようになったらすぐに医師に診てもらうようにしましょう。

腹膜炎の原因としては最近が腹膜に感染して起こっています。
これは誤飲をすることで腹腔内に細菌が感染していたり消化管が傷つけられたりすることなどが原因です。
普段から犬が誤飲をしないように部屋を整理整頓しておくことはもちろんですが、それ以外にも犬が興味関心をもって口に入れてしまいそうなものはすぐに片付け犬の手の届かないように置いておくようにしましょう。

膵炎も犬の腹痛の原因です。
吐き気と嘔吐が繰り返されることが多く、脱水症状で命の危険があります。

膵炎の場合には胃腸炎と誤診されることもあり確定診断には血液検査が必要です。
まだ膵炎の原因は厳密には解明されていないものの、現状では肥満が原因で引き起こされるのではないかと考えられています。

そのため予防ためには適切な体重コントロールが大切であり、そのためにも規則正しい生活習慣を身につけ適切な食事量を保ち健康的な体を維持することが大切です。
特にミニチュアプードルやミニチュアシュナウザーは膵炎になりやすいと言われているので日頃から管理を気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です