犬も鼻血を出すことがある

あまり知られていないですが犬も突然鼻血を出すことがあります。
人間の場合には鼻血が出てもしばらく安静にしておくと落ち着くのでさほど心配することはありません。

しかし、犬の場合には鼻血はめったに出ることがありません。
そのため鼻血が出た場合には放置するのは危険です。

犬の鼻血はいくつかの原因があり、原因によって鼻血の量も違いますし痛みについても違ってきます。
鼻血が出たらすぐに様子を確認し、状況によっては早めに医師に診てもらうようにしましょう。

犬の鼻血は死に至ることもある

犬は鼻血を出した場合、重大な病気が原因であることもあります。
その際、死に至ることもありとても危険です。

とはいえ、鼻血が出たからといってすぐに命の危険があるわけではありません。
なぜ鼻血が出ているかを確認するとともに状況に応じて病院に連絡をして診察をしてもらうのか経過観察をするべきなのか指示を受けるようにすると安心です。

注意が必要な鼻血はどういったものがあるか

犬が鼻血を出す際、いろいろな状況がありますが、その中にもいくつか気をつけるべき状況があります。
その一つがくしゃみをした際に鼻血が出ることです。
くしゃみが何回か続けて出た際鼻血が出る場合、腫瘍やポリープが鼻の中にできている可能性があります。

実は鼻にはガンができることがあり、これが原因でくしゃみのはずみで鼻血が出ることがあるのです。
それ以外にも最近では花粉症の犬もおり、花粉症でくしゃみを頻繁にすることによって鼻の粘膜が傷ついて鼻血が出てしまうこともあります。

鼻血が出た際、長く出血が止まらないとやはり心配です。
怪我をして傷が原因で出血が止まらないこともあり、そういった場合には運動を控えて安静に過ごすと落ち着くこともあります。

他にも高いところから落ちてぶつけていたり、他の犬とケンカをして鼻に傷をつけていたりすることもあります。
鼻血が出ており鼻の周辺に傷がある場合には何か原因がなかったか直近の愛犬の様子を思い出すようにしてみましょう。

片方からしか鼻血が出てこないこともあります。
その場合には鼻血の出ている方に腫瘍や傷があることが考えられます。
腫瘍や傷の内容によってはすぐの処置が必要なものもあるので少量の出血でもしばらくは様子を見るようにしましょう。

老犬の場合には鼻血が出ると不安になりますが、若いころに比べると鼻血は出やすくなっています。
そして原因も感染症や腫瘍だけでなく歯石のような口内トラブルによっても鼻血が出てくることがあります。
高齢になってくると鼻血の原因も様々ですし回復にも時間がかかるので早めに医師に診てもらい処置をしてもらう方が安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です