散歩している様子

犬が楽しみにしている散歩

犬を飼ったことがある人ならば、誰しも100%が「散歩が大好き」ということを知っていると思います。

賢い犬はある程度人間の言葉や仕草を読むことができることができるものですが、とりわけ「散歩」に関わる言葉や動作に対しては非常に鋭く反応します。

「散歩」という言葉を会話で出したり、散歩用のハーネスを触っただけでしっぽを振って駆け寄ってくるというのも飼い犬のあるあるです。
これから犬を飼育するという人は、それだけ犬にとって散歩はとても重要なものであることを理解しておいてください。

そんな犬にとって嬉しい散歩ですが、人間にとってもストレス解消のきっかけになったりします。
犬と一緒に近所を歩き、そこでコミュニケーションをとることは、ペットとの信頼感を得ることにもつながってくるのです。

毎日の散歩をより楽しく、効果的に行うことができるように以下に項目別にまとめてみました。
初めて散歩をする時の注意点や散歩中に起こる問題など、役立つ情報を集めたので参考にしてみてください。

*散歩の頻度の決め方
*初めてのお散歩
*冬の散歩の注意点
*犬同士の挨拶
*散歩コースの考え方

犬種により散歩の強度は変わります

犬の散歩をする時には、それぞれの犬種にあった頻度や強度にしていく必要があります。
小型犬の場合、体の大きさが猫とほとんど変わらないことから、室内でも十分に運動ができているように思いますが、それは大きな間違いです。

小さな犬であっても屋外を散歩することは重要なストレス解消になるので、必ず1日2回以上は屋外に連れて行ってあげるようにしましょう。

反対に、大型犬は散歩だけでは十分な運動ができないということもあります。
特にもともと猟犬であった筋肉量の多い犬などは、歩き回るだけの運動では不十分であることがよくあるものです。

そうした時には定期的にドッグランやビーチなどに連れていき、そこで思いっきり走り回らせてあげるようにしましょう。