フリスビーを使用した遊びの種類

犬と一緒にできる遊びとしてフリスビーキャッチがあります。
これは飼い主さんがフリスビーを遠くに投げるのを犬が走っておいかけ、着地点でジャンプをしてキャッチをするという遊びです。

このフリスビーキャッチは「日本フリスビードッグ協会(JFA)」主催により、競技としても実施されています。
協会によると世界で初めてフリスビードッグが公式に登場したのは1974年8月で、メジャーリーグの試合中のパフォーマンスとして行われたのがきっかけとされています。
このときの様子が全米にテレビ放映されたことで一気に爆発的人気となり、そこからフリスビー競技の一つとして犬とともに行うフリスビードッグが採用されることになりました。

日本においては1994年7月に現在の日本フリスビードッグ協会が設立され、現在まで競技の普及活動と定期大会が開催されています。
競技としてだけでなく純粋にフリスビーを使って犬と遊ぶことは楽しみの一つなので、愛犬家の間でもメジャーなスポーツとして行われているのです。

フリスビードッグは動作としては単純なようですがその奥は非常に深く、大会のチャンピオンクラスになると美しささえ感じます。

フリスビーで遊ぶときには、一度フリスビードッグの大会の様子を見てみるとかなり参考になるでしょう。

初めてのフリスビードッグのやりかた

フリスビードッグをする時には広い場所が必要になります。
しかし通常の公園では犬を放し飼いにすることは禁止となっているので、必ず柵で覆った自宅の庭もしくはドッグラン施設内で行うようにしてください。
競技としてのフリスビードッグは細かくルールが定められていますが、自宅で楽しむ時にはあまり細かいことを考えず自由に楽しんでみましょう。

いきなりフリスビーを投げても犬がそれと分からないこともあるので、まずはボールやタオルなど人が投げたものを取ってこさせるという動作を訓練していきます。
それから投げるフリスビーを犬に危険でないものであることをしっかりと示し、それから投げてそれを追いかけるように命令します。

フリスビードッグは、犬種によって向き不向きがあるものです。
フリスビードッグの大会を見ても、登場する犬種はだいたい同じになっているので、自宅で行う時にも参考にしてみてください。

向いている犬種としては、鳥猟犬として使われてきた運動力の高い犬です。
具体的にはボーダー・コリーやラブラドールレトリバー、オーストラリアン・シェパードといった犬種になるでしょう。
他にもコーギーやテリアなども運動を好む特徴があることから、ボール投げと同じ感覚でフリスビーも楽しんで追いかけてくれます。

慣れてくるとかなり高度なこともできるので、ぜひ一緒に上達を目指してください。