雪が積もっている様子

冬の散歩時の注意点

動揺「雪やこんこ」では、犬は寒い屋外でも喜んで走り回るエネルギーがあるように描写されています。

ですが実際には寒さを苦手にしている犬も多く、無理に寒い冬の時期に屋外に連れ出してしまうことにより風邪をひいてしまうこともあるのです。

もともと雪国で飼育をされてきた日本犬(秋田犬、甲斐犬、北海道犬など)は寒さに比較的強いのですが、外来の新しい品種の場合は極端に寒さに弱いケースも見られます。

また比較的寒さに強い犬種であっても、幼犬や高齢犬、病後間もない犬などは体温調節がうまくできずに病気になることがあります。

寒い時期の散歩は飼い主の防寒はもちろんですが、同時に犬にとって必要な対策をとってあげるようにしましょう。

なお特に寒さに弱い犬種として挙げられるのがチワワです。
他にも小型でシングルコートであるプードルやヨークシャテリア、マルチーズ、パピヨンなどは注意が必要な犬種となっています。

体を慣らしてから出かけるようにする

寒い時期の散歩で注意したいのが急激な気温の変化です。
冬場のお風呂場などでは「ヒートショック」という血圧の急激な変化による心筋梗塞などが問題になりますが、これは犬の散歩でも同様です。

暖かい室内から突然寒い屋外に出るのは飼い主にとってもつらいものですが、地面に近い位置を歩く犬にとってはより刺激が大きくなります。

出かける時にはいきなり寒いところに飛び出していくのではなく、まずはその場で軽く歩き回るなど準備運動をしてから出かけるようにしましょう。

玄関先などで軽く体をマッサージしてあげたり、その場で軽く体を動かしたりするだけでもかなり体への負担が少なくなります。

非常に冷え込みの激しい地域では、犬用防寒具を使用するのもおすすめです。
犬用防寒具は体をすっぽりと覆うスーツ式のものや、足元を守ってくれるブーツなど、かなりたくさんの種類があります。

着させるのにちょっと慣れが必要ですが、温かさが分かればきちんと着てくれるはずです。